骨觚形器

登録番号 R018297
時代‧年代 殷代
材質 骨角器・甲骨
遺跡所在地 殷墟西北岡遺跡 商王大墓 M1001
遺跡名 中国河南省安陽県侯家莊
寸法 長28.2cm 最大径11.7cm

概要

本件は商王1001号大墓から出土した骨製品で、象の腿骨であると考えられる。器身断面は角丸三角形を成し、下端は完璧な状態を保つ一方、上端は欠落している。中央部文様帯のやや下方、器身上の湾曲部一箇所に上下並列した二つの穴があるが、此れは取手を取付ける為の構造であると考えられる。

器物上の装飾文様はおおよそ三つに分別できる。上下両端に獣面文、帯状文中段部に饕餮を中心とした文様、また下方三角文の両側に一対逆向きの龍が装飾される。その更に下には帯状の申字文が認められる。これら文様は隙間無く雲雷文で埋められ、技巧を凝らした精緻な彫刻と言える。非常に希少な材料を使用しており、商王の威信が精巧に美しく表現されている。