盒(ごう)

登録番号 R023505
時代‧年代 隋唐
材質 磁器
遺跡所在地 殷墟小屯遺跡 243号墓
遺跡名 中国河南省安陽県小屯村
寸法 高1.9cm 幅7.8cm 奥行5.8cm 

概要

本磁製盒は長方形で単色無文、上下を嵌めて一体となる形状を成す。器表は青釉を帯びた乳白色で施されている。施釉箇所は上蓋部の外表上部3/2、下盒の下部3/2に限られており、内部は無釉である。磁製盒は隋唐墓中によく見られ、唐宋期では多くが脂粉盒や香盒として使用されていた。長方形の磁製盒は珍しく、通常は円形を成し、刻花や印花文で飾られるのが一般的である。