石牛

登録番号 R014451_1
時代‧年代 殷代
材質
遺跡所在地 殷墟西北岡遺跡 1500号商王大墓
遺跡名 中国河南省安陽県侯家莊
寸法 高13.9cm 長28.3cm 幅11.7cm

概要

牛形立雕は西北岡1500号大墓南墓道の夯土から出土された。一緒に出土されたのは三対、二組首尾相連の石動物立雕である。体が大きい龍は一番前にあって、牛は真ん中で、小さい虎は後ろにある。入れる順番はわざと仕組まれていた、邪魔されたことはなかった。

こちらの石牛はR014451_2より色が浅い、灰白色に見えて、淡い黄色い斑が付いている。全体的はやや長方形で、坐臥状のように見える。口は少し開いて、歯が露出している、顎がやや長い。細くて長い「臣」文字な目があって、鼻は「(())」の形に刻んでいた。目の後ろは曲がっている一対の角が背中に伏せている。角は簡単な裝飾で飾っている。そして角の下には雫のように、内側に少し凹んでいる一対の耳がある。体は素朴で、特に装飾がない。四足は多少形があって、お尻がちょっと持ち上げていて、上には短い尾があるし、底は溝がはまっている。後の左足は若干な破損がある。簡単な造形と装飾は1001号大墓から出土した動物立雕の複雑な表現方法と比べて、明らかに違っている。