トルコ石象嵌獣面

登録番号 R001195
時代‧年代 殷代
材質 青銅器
遺跡所在地 殷墟西北岡遺跡 2017号馬坑
遺跡名 中国河南省安陽県侯家莊
寸法 長8.2cm 幅9.3cm 高1.8cm

概要

殷墟西北岡2017号の車馬坑内に馬頭骨・青銅製馬羈装飾が二組埋蔵されており、本器は馬用冠飾であると考えられる。青銅に獣面図の輪郭線を鋳出し、切断したトルコ石が象眼されている。眼球はトルコ石を半円形に切断後研磨したものを使用しており、器表から突起する姿が生々たる印象を与えている。また、器物背面にX型に交差した釣手を有し、皮革を通して結び、馬額に装飾出来る構造となっている。本器は坑内で最も美しく完璧な形状を保つ作品である。